<< 7.7 全国NPOバンクフォーラムに出展します。 | main | 17号ただ今制作中! >>
梅雨の途中。
 
7日の土曜日、NPOバンクフォーラムにてアリヤの販売をしてきました。
すっかりご無沙汰しました、の(幸)です。

この日、会場の中に販売のテーブルがあったので、全部の講義が聴けてすごくよかったです。
アリヤのテーブルではバックナンバーや、

『フリースペース・みなみ』さんとのコラボのつばき油、『あかり作業所』さんの石けん、アリヤ16号でご紹介した『花の花』さんとつくった、お花のクッキーと水玉クッキーを販売しました。


隣のテーブルでは『花の花』さんの、マクロビ弁当が販売されていました。

お昼にはすべて完売!
私たちは売り切れる前に(神)と二人分を確保。腹が減っては戦ができませんしね〜(笑)。相変わらずのおいしさでした。

『工房まる』さんも出店されていて、テーブルにはかわいいものがいっぱい。そんな中でもおススメはこちら。

出ました!ピーナッツくん。『工房まる』を代表するキャラですね。このキャラをおまんじゅうにしたとのことで、なんとまあかわいらしい。和菓子屋さんとのコラボでできたそうです。中には白餡が入っていました。

NPOバンクフォーラムには全国から百人以上の人が参加されたようです。
ここにもまた、「新しい価値」を生み出すべく動いている人たちがいます。チラシのキャッチコピーにあった、「円」を「縁」に変えよう! は、新しい明日を予感させる言葉だと思います。今、盛んに言われているソーシャルビジネスは、この「お金」の部分の課題が多くあるからですね。循環してゆくことの始まりは、この「縁」かもしれないですね。

話変わって、こちらの画像は5月に発行された冊子『ARTing』。

福岡の新天町にある『ギャラリー風』のオーナーの方が出版されています。そのタイトルどおり、アート関連の冊子です。
※A5サイズ112ページ 1冊800円 発行:花書院092-531-7102
この号の特集1が「人間の芸術〜障がい者アートと共に」ということで、九州大学の知足美加子さんが障がい者アートについて、歴史的経緯や福岡を中心とした活動を紹介されています。
すごく勉強になったし、興味深い内容でした。実はアリヤのことも取り上げていただいたんですよ。
(光栄なことです。チラッと私も執筆しております。)

さてさて、ここ1カ月余り、この場を留守にしておりました。いや、どこに行っていたわけでも体調を壊していたわけでもなく、また仕事が殺人的に忙しかったわけでもありません。
実は、すごーく考え事をしていまして、一歩も動けないくらい考え事をしていまして、入ってくる情報をかなり遮断しておりました。ノンストップで走り続けていると、ときどきハタっと我に帰るときがあるんですね。そうして考える。悩むのとはまた違う感覚なんですけどね。
で、考えるテーマは、いつも同じ。

私はどう生きたいのか。

ははは、まるで青春時代の悩みのようですね。
子どものころにあった疑問や謎は、還暦を過ぎた今でもそのまま残っていて、未だに解き明かされていないのですよ。

いまや欲しい情報はすごく手に入る時代です。何々はどこにあるの?とか、これはどうするの?とか、それこそネットで検索すればいくつも出てくる。けれど、ほんとうに知りたいことはそんなことじゃない。いま、私が飢えているのは「人の道」のこと。誰か解き明かして欲しい・・・

と、まあ話が抽象的になりましたが、要はアリヤをこれからどのように作っていくか、を深々と考えていたわけです。本の発行は、ある種、基準を自分に置かざるを得ないので、怖いといえば怖いのですよ。

歩く道は獣道でも、人として歩きたいと思うからですね。

(幸)
| - | 06:37 | - | - | pookmark |