<< 女子力 | main | モヤモヤ >>
アートな秋
 日々、締め切りに追われドタバタしている(幸)でございます。
そんななか、昨日の土曜日は「工房まる」に行ってきました。

NPO法人まるが主催する「○(まる)座」の見学のため。この「○座」とは、障がい者施設関係を中心に行われるセミナーです。マーケティングやモノづくりやデザインや、の講座が2週間置き5回に渡って開かれます。この日はその2回目で、以前、「たんぽぽの家」のアート化セミナーの講師でご一緒した「おおきな木」の加藤さんの講座ということで、急きょ私も見学に行ったのです。

30名の定員をを大きく上回る参加者で、部屋は熱気でいっぱいです。
この日はワークショップ形式で、6班に分かれてモノづくりの基礎になる部分を学びました。私も飛び入りでワークショップに参加です。

右の写真は、みんなであーだこーだ話して、コンセプトワークをやっているところ。
最後にそれぞれの班が出来上がったシートを見せながら発表します。みんな真剣です。
4時間に渡って行われましたが、あっという間でしたねー。また2週間後にこの続きが行われます。何人か馴染みのある顔にも出会って、いろいろと話も弾みました。それにしてもみなさん熱心で、本当に今、こういうことが求められているんだなあと、改めて思いました。
こちらは講師の加藤未礼さん。ファシリテーターとして、いろいろなワークショップを開催されています。

加藤さんは東京在住で、アリヤの発行を知って、アリヤを販売するためのサイトをわざわざ立ちあげてくださった方なんですよ。びっくり!でしょ。(いつもアリヤをかわいがっていただき、ほんとうにありがとうございます!)



その前日の金曜日。久しぶりの再会ということで、加藤さんと、まるの吉田&樋口コンビと私の4人で食事に行きました。(というか、飲み会ですけど・・・)


居酒屋なのにうどんがおいしいという・・・こちらは釜揚げうどん。









こちらはカレーうどん。この太い指は、樋口氏がピースサインをして撮影の邪魔をしているところ(笑)。

ガンガンしゃべって、飲んで食べて。私は人づきあいが悪いので(笑)こういうことはほんとうに久しぶりのこと。

加藤さんが、「前回の交流会のときに、参加者がいっぱいでみんなすごく飲んで楽しそうで驚きました。東京では若い人たちが飲みに行かないし、こんな光景にはなかなかお目にかかれません」と、言われていました。

私は見かけ倒しで、まったくお酒は飲めませんが、やっぱりね、飲み会は必要な気がします。リラックスしてみんなが話せる場って、あるとないとではやっぱりある方がいいですよね。
この日も、夢や理想を大いに語って解散しました。(吉田氏&樋口氏、加藤さんとのセッティングをしていただき、ありがとうございました。すごく楽しかったです!)

さて、正気に戻って(笑)。
こちらはまた別の日に工房まるにて。

9月29日(土)〜10月14日(日)まで開催される
fukuoka plus gallery の打ち合わせの様子です。
※障がいのある人たちのアート作品を、福岡市役所1階ロビー内特設会場にて展示する企画。

この日は設営の細かな打ち合わせと、展示作品の選考が行われました。どれも力作揃いで、みんなウンウン唸りながらの選考です。どれもこれも出したいよねー、と言いながら限られたスペースですから選ぶしかありません。ほんとうに悩ましい選考会でした。


この秋、福岡の街はアート一色!と思われるくらい、あちこちに作品が並びます。
素晴らしいアートがたくさん登場しますので、この機会にぜひ、見に来てくださいね〜。

(幸)
| - | 04:45 | - | - | pookmark |