<< アートな秋 | main | ビューティフルからどこへ行くか >>
モヤモヤ

切羽詰まったときに、さらに追い打ちをかけるようなことが時々起ります。当人の焦りをよそに第三者は「日々の行いが悪いからだ」とか何とか、まことしやかに言うものですが・・・はい、行いが悪いのであります、の(幸)です。

アリヤとその他諸々の仕事の校正に次ぐ校正の日々。今日中にやらねば! ってときに限ってあああーープリンターのインクがなくなったあああ〜〜〜〜。
校正ってPCの画面上ではなんか、できないのです。プリントアウトしないと見えてこない部分があって。いやもうアナログ人間ですから。

22日からイムズで例の「イロトリ鳥展」があっているので、「よっしゃ」と開き直って、インクを買いに天神まで行くことにしました。

ありましたよー、入り口エントランスにて。人がワサワサいたので慌てて撮ってブレブレになってしまい、すみません・・・(なんかやっぱり焦っていたのかなあ)
案内もバッチリ!3F4Fのエレベーター横にも飾ってあります。

名前や鳴き声もちゃんと表示してあります。ほんとに個性的でおもしろい鳥がいっぱい並んでいて、楽しい!

イムズ地下2階では別のイベントがあっていて、これがまた非常に面白い企画で。
「みんなでつくる九州案内」10月15日まで。
九州7県の工芸品や特産品が展示してあるのですが・・・

見るだけ、買うだけじゃない仕掛けがしてある。あなたなら他県から来る友だちをどこに連れていきたいか、という問いかけにおすすめの場所やショップを教える。つまりすごく個人的な情報を共有できる仕組みになっているのです。
いやはや、イムズのイベントはいつも面白く斬新であります。しかも、Casa(マガジンハウス)やGooglが協力してるし。

29日(土)には『カーサブルータス』の編集長のトークイベントがあるとか。うう―行きたい!! でもでもこの日は別のイベントが入っていて・・・あああ残念!

まあそれはしかたがないとして、私をもっとも魅了したのは、このチラシに載っていた一文。

「詳しいガイドブックに載っている100件の情報よりも、例え5箇所だけだとしても、友だちの好きな場所に連れていってもらえるほうが、ずっと楽しい」

これは結構ガガーンときました。す、すごい・・・ですよ。この企画の「立ち位置」のジャストなこと!

うーん、うーん、うーん・・・
なんか、頭の中がずっとモヤモヤしているのです。これ、ものすごく「今」という時代の関係性を表していると思うのです。ものすごいヒントだと思うのです。(わかる人はワカルと思うなあ)

つまり、見るだけ、買うだけじゃなくて、また、参加するだけでも足りない。いや、コレ企画の話なんですけど。アリヤを通して考えてきたことは、これに近い感覚なんですね。つまり、障がい者施設商品の広め方は、こういうことが必要なのだと。それには非常にしっかりとしたコンセプトワークがいる。

すべての始まりはこのコンセプトからです。ここは目に見えないので、わかる人にしかわからない世界です。そしてそれは非常に難度が高い作業です。頭がグラグラ沸騰したりカランカランになったりします。私がぼーっと遠い目をしているときはそんなときです(笑)。けれど私はこのコンセプトワークが非常に好きです。明日が見たい、夢見る夢子ですから(くくっ)。

障がい者施設商品はまだ2次元的なんだなあ。3次元まで持っていかねば、ってわけわからんこと言ってますが(笑)。

あああーモヤモヤ、モヤモヤ・・・
また練って練って追いかけて追いかけて、頭が割れるくらい考えて考え続けていたら、きっと見えてくるものがある。モヤモヤの霧の向こう側が見えてくる。

キーワードは、「シェア」。今までとは違う新しい形の「シェア」。それを言い換える言葉は・・・まだヒミツ(笑)。しかし、どこかの誰かとこのことについて話せる日がくるのだろうか??こんなややこしい話を訊く人いるのか??(誰か冷めないうちに相手になってくれー。笑)

と、あれこれ考えているうちにまたしても夜が明けそうな時間になりました。
さて、沸騰した頭を冷やして、気持を切り替えて校正やらねばー。

ああ、現実が私をさらってゆくー(笑)。

(幸)

| - | 02:40 | - | - | pookmark |