<< アリヤ17号入稿 | main | 17号打ち上げ >>
アート!アート!アート!

先週の土曜(9/29)「ときめきセレクション」の表彰式に出席した帰り、市役所1階で開催中の「fukuoka plus gallery」を見に行きました。

いい感じに展示されています。

中心に立っている大きな木が存在感あり、です。いろんな絵がプリントされて切り抜かれ、下がっています。楽しい♪

大きなスクリーンでは夢を語る人々の映像が流れていて。みんないい顔☆


ライブペインティングも始まっていました。「葦の家」の方たち。ライブペインティングは、今回が初めてだそうです。でも、初めてとは思えない、すごい大作ができていました。
素敵ですねー。この2枚の作品は期間中ここで飾ってあるそうなので、ぜひ、直に観ていただきたいですねー。圧倒されますよ!


昨日の月曜日は、またまた絵の審査会に行ってきました。
11月6〜11日まで、福岡市美術館・市民ギャラリーで展示される
「福岡市障がい者(児)美術展」の審査です。


こちらは部門別で、絵画・書道・陶芸・写真と分かれていて、今年からフリーアート部門が新たに加わりました。絵画等に属さないもの、立体とか額装されていないものはフリーアートに入れられます。私はそのフリーアート部門の審査にあたりました。まず10作品を選びその中から、市長賞・金賞・銀賞・銅賞の4作品を選びます。

これまた面白い作品がたくさん! 審査委員長でもある「ギャラリー風」のT氏とふたりで、悩みに悩んで選出しましたが、ううーん、苦しかった!(笑) 


こちらは書道の部。書道の先生方が選ばれていました。いやはや、すごい作品ばかりで、ほーっとため息が出ます。

書道、いいですねぇ・・・個人的に好きで、やりたいもののひとつです。








こちらの美術展にもぜひ、足をお運びください。11月6日からですよ!

しかし、ほんっとにあちこちでいろんなアート展が開催されていますが、なんかこう・・・まとめてやれないもんですかねぇ。他にもまだ、ありますよね。
一般から見ると同じように見えるものが、なぜこんなにバラバラに開催されるのかがよくわからないです。ガツンと大きいアート展をひとつやると、すごくインパクトがあると思うのですけど。何とかならないですかねー。

また、どのアート展にも素晴らしい作品がたくさんあるので、福岡市だけではもったいない。ひとまとめにして、全国巡回展とか海外にも持って行きましょうよ。と、委員長のT氏に言うと、絶句されてましたけど(笑)。

あ、私は冗談ではなく、全然本気なんですけどね。
どんなに無理そうに見えても、「やる」と決めればそれは実現する日が必ずや訪れる。(と、私は思っています。)だって、「無理」っていうのは誰かが作った「無理」ですから。(またあー。笑)

アートには力があると思うのです。
言語や文化や国も関係なく、軽々とそれらを越えてくれると。それこそアートの役割でしょう。今、アートがとても重要な気がしています。

いやいやいや。またしても無謀なことを考え始めました。
だから今日は、この辺でやめときます。
ちょっと目を離すとこれだからなあ。もう、ビョーキだよ(笑)。

(幸)

| イベント | 04:40 | - | - | pookmark |