<< フェイスブックな日々。 | main | おいしい、楽しい、がいっぱい。 >>
18号絶賛取材中

よく「偶然ではなく必然なんだ」という言葉を耳にしますが、この「偶然から必然」になるには、それなりに考えていたこと、あるいは何か進行中だったこと、が前段階としてあるんですね。

今を振り返ったとき、よくよく考えればそういう出会いがあったから、と後で総括のように思うことでもあります。だから、なかなかその瞬間では気がつかない。でも、なんだか「必然になる予感がする」ってことも、たまーにあります。

と、前置きを書いたところで、おはようございます(幸)です。

週初めの月曜日だというのに、なんだか眠れないまま朝になりました。いや、こういうことはよくあるので珍しいことじゃないんですけどね。
ちょっと頭が沸騰しているのです。なんかこう・・・いろんなものが浮遊中で、でも、これはきっとそのうち結びつくぞ、という予感めいたものがあって気持が逸るのです。

何を言っているのか、全然わからないでしょ(笑)。妄想中のことなので説明できるようなことじゃないんですけどね。けれど、書いてないとまたどこかへ吹っ飛ぶので。企画の始まりは、いつもこういう状態なのです。ユラユラ、フラフラ、あたりをさまよっている。

障がい者施設の取材を始めて(つまりアリヤを始めて)早や5年。この間、さまざまな事業所やそれに関わる人たちに会ってきました。取材をしているといろんなことに気がつきます。私から見れば、障がい者施設には実に多くの可能性が残されている。

妄想ついでに言えば、障がい者施設では何だって作れる。力を合わせれば、家だって建てられる。(あ、本気で思ってますよ。)衣食住すべてのカテゴリーのものが作れるのです。

ちょっと皮肉な話ですが、自立支援法から障がい者施設のモノづくりが成長してきたことは確かです。法律上のさまざまな問題の解決はもちろんですが、それはちょっと横に置いて。「ものづくり」という部分だけを見てみると、意識を含めすごく変化があったことは事実です。

私はいろんなところで言い続けていますが、障がい者施設商品はいまだかつて出現していない新しい分野なのです。21世紀型の生産現場であり商品である、と言っても過言じゃない。テクノロジーの分野だけが新しいことじゃない。すべては影響を受けあいながら進んでいくのですから。

「ソーシャル」という言葉が、こんなに叫ばれた時代はなかったでしょう。まさに障がい者施設はど真ん中。障がい者施設の商品作りは、現代の社会課題解決のための重要な役割を担っていると思います。

「社会のために」は、傍観者を当事者へと変えることでもあります。いろんな企業や行政の中にも「何かしたい」という人たちが多くいますが、既存の組織ではなかなかそれを動かしきれない。だから、新しい仕組みが必要なのです。ここを私の足りない脳みそで考えていて、頭が沸騰しているわけなんですが(笑)。

また、NPOのような中間支援組織も、旧型じゃない新たなコンセプトが必要だと思いますね。若い人たちの集まりの中に、ぽちぽちとその兆しも見えていて、ちょっと楽しみです。

今、アリヤとしてできることは潜在的にある「社会のために」を引き出し、繋げていくことだと思っています。

昨日までに出会った人たち、また、今日出会うであろう人たち、それは新たな明日への「必然」になることを願って。

アリヤ18号は、新しい呼吸を始めた人たちを追って、絶賛取材中です。

(幸)

| 取材日記 | 08:51 | - | - | pookmark |