<< おいしい、楽しい、がいっぱい。 | main | 師走です。 >>
【お知らせ】映画「主権在民」&アフタートーク〜福島はいま


映画上映会のご案内です。

ドキュメンタリー映画監督・西山正啓監督の最新作「主権在民〜フクシマから東海村へ〜」の上映会です。
水俣、沖縄、日出生台など、一貫して基地、公害、障害者問題などの社会問題と、それに関わるひとびとの姿を撮り続けてきた西山監督。
2011年3月11日以降、原発問題を追い続け、佐賀の玄海原発から鹿児島・川内原発、福島、茨城・東海村、東京経産省前まで現在も記録し続けています。

「主権在民」は、1999年にJCO臨界事故が起こった茨城県東海村に住む谷田部裕子さんと、福島第一原発から45メートルの地区で里山喫茶を営んでいた武藤類子さん、2人の女性の暮らし、思いにスポットを当てた作品です。
原子力による過酷な事故を間近で経験し、いまなおその地で生きる2人の女性の姿から、原子力とは、原発とは何だったのかが、浮かびあがってきます。

311後、福島第一原発と国の加害責任を追及するため、「福島原発告訴団」を発足させた武藤類子さん。
映画のラストは、1324人の陳述書と告訴状を風呂敷に包み、福島地検に向かう武藤さんを捉えます。
「加害責任を追及しないと、次の新しい価値観生まれない。けれど−−

人を罪に問うことは、私たち自身の生き方を問うことでもありました」

ひとりでも多くの人に観てほしい。本当に、心からそう思う映画です。

上映会当日は、福島から武藤類子さんをお招きし、西山正啓監督と、福島から現在福岡へ避難中の宇野さえこさんをお呼びして、アフタートークも行われます。
3月11日から福島の人々はどう暮らし、いまどうしているのか。
武藤類子さんのお話が聞けるとても貴重な機会です。
ぜひご参加ください。

■映画「主権在民」上映会&アフタートーク〜福島はいま
日時/11月18日(日)13:00開場 13:30上映開始
会場/西南学院大学 2号館 2F203教室
料金/前売1200円 当日1500円 学生800円(前売・当日共に)
◎ゲスト:西山正啓監督、武藤類子さん、宇野さえこさん

※託児あり(3時間800円)

問合せ/上映実行委員会 TEL090-8627-3076(中村)


(神)


 
| イベント | 23:11 | - | - | pookmark |