<< デンマークに学ぶ | main | 天国への報告 >>
希望を紡ぐ
 

ものすごくご無沙汰してしまいました、このブログ。昨年の11月始めにアップ以来だなんて! 開設しているならそれなりに動かさないとダメですよねぇ。ご訪問頂いている方々には申し訳なく、ほんとうにすみません。

と、期待通り今年も平謝りで始まりましたね(笑)。
こんなふうでちっとも成長がありませんが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。(これも遅い!!)

今年最初のブログなので、何かおめでたいことを書きたいなと思っていたら・・・ありました! 画像の『週刊金曜日』が、それ。今日送られてきた最新号(新年号)なのですが、な、な、なんと、その特集にアリヤとワタクシ(幸)のことが掲載されているのです!

実のところ、昨年に取材を受け掲載はわかってはいたのですが、自分のことを知らせるのは超苦手でして・・・。今までもたくさんの方のご厚意で色々なメディアに取り上げてはいただきましたが、それを自分で言うのは恥ずかしくてたまらないという・・・

でもね、それじゃあイカンのですよ。自分のことは置いといて、アリヤを応援してくださっている方々のその心を思えば、そんなことを言ってちゃあ逆に失礼というもの。照れてどーするよ。素直に一緒に喜ぼうよって、そう思ったのです。それはまた、この『週刊金曜日』というメディアの「確かな目」に留まったということの喜びでもあります。身に余る言葉の数々に、恐縮しながらも感激しています。

アリヤ創刊当時から(神)とよく冗談を言い合いました。「週刊金曜日に取り上げてもらえるようになったら、私たちもホンモノかもね」と。「ない、ない、ない」と笑い飛ばしてはいましたが、しかし、それは理想と現実の狭間でめげそうになる心を、奮い立たせるひとつの「おまじない」のようなものでもありました。激務と生活苦のなかで、制作者として、いや人としての私と(神)が貫きたかった理想を、本当にわかってもらえるメディアは、そう多くはないだろうとも思っていましたから。“社会貢献”とか“ボランティア”とか、そんな口当たりのいい言葉ではなく、もっと根源的なことを望んでいましたから。

いま、万感胸に迫ります。

この地方都市のA5判の小さなアリヤが私たちにもたらしたものは、単に「あきらめない」ということでした。

あきらめなければ「希望」はいつも傍にある。私のポケットにある。カバンの中に、机の引き出しに、カップの珈琲の中にだってある。それはどんな環境にいてもどんな状態にあっても、万人が手にすることができるものでしょう。自分さえ望めば。あきらめないで、小さなことでもひとつずつ実行してゆくこと。行動に起こすこと。

すべての道はそこから始まるということを、おこがましくも証明するべく、私たちは何も持たずに出発したようなものです。

新しい年の始めに、このような報告ができたことがとても嬉しいです。いつも愛読してくださっている読者の方々と、この喜びが共有できるといいなと、記事にしました。まだ21号は制作中で遅れていますが(すみません・・・)どうか今年もよろしくお付き合いください。

最後に、読者のみなさまと取りあげてくださった『週刊金曜日』の編集者Mさんに、感謝を込めてこの掲載記事の最後の部分をお借りして、捧げます。

― 一匹の蟻は小さいが、何万匹もが連なれば大きなものを作り出せる。一人は微力だが無力ではない。―

※週刊金曜日のHpはこちら
http://www.kinyobi.co.jp/

(幸)
| - | 18:38 | - | - | pookmark |