<< 引き戻すもの | main | 実はサーカス団なのだ >>
素顔のままで

寒波襲来で寒い日が続いています。

もともと引きこもりがちなチーム・アリヤ。内気(笑)に寒さが加わると、取材やよほどの用があるとき以外は外に出ません。って、もう、なんでこういう仕事をしているの!?っていう突っ込みはナシでお願いします(笑)。

 

それでも先週は三越で開催された、福岡県の障害者施設商品『まごころ製品』の販売会に行ってきました。

アリヤ休止後、障害者施設からは足が遠のいていましたので、じわ〜っと見ていたんですけどね、やっぱりあんまりのご無沙汰なのでなんか悪いなあと・・・。それでもみなさん、変わらぬ笑顔で声をかけていただいて、嬉しかったです。懐かしくて同窓会的気分になったりして(笑)。

 

その販売会へは、別冊のためのリサーチも兼ねて行きました。

これだけの商品を一度に目にする機会はなかなかないですから、そこは貴重な情報収集の場です。あることないこと突っ込んで聞くものだから、???的な顔をされるところもありましたが、突っ込んで聞いたところはそのうち電話がかかってきますからね、ふふふ。いやいや、アリヤ的にとてもいいものをたくさん見つけました。

 

商品は年々グレードが上がっています。

一般市場を意識したものもたくさん目にしました。たとえば、企業や老舗店とのコラボ商品などがそうですね。専門家監修ものもそうです。それはとても努力が必要だったでしょうし、今後の希望も持てるというものでしょう。

 

ただ、アリヤ的にどうしてもそそられるのは、施設が独自でやっていること。

ほぼ、自分たちの力でやっているコトやモノ。見た目どうであれ、そういうものがやっぱりカワイイと思えるのです。いや、カワイイという表現が適切であるかどうかはわかりませんが・・・ああ、どう言えばいいのでしょうか・・・一般のもの、らしくなるのは、なんだかつまらないのです。みんな同じような服を着て同じようなお化粧をして・・・みたいな・・・。私たちがマニアックなのかもしれませんが(笑)。

 

今までは一般市場を基準に追いつけ的なモノのつくり方をされてきたでしょうし、アリヤ的にもそこが基準ではありました。もちろん、品質についてはそこは外せないものです。でも、もうそんなに「お化粧」をしなくても大丈夫、そう、すでに十分魅力的です。素顔がきれいだから大丈夫。と、個人的には思っています。

 

その「素顔」とは、「誠実」「真面目」「真心」という、揺るがないこの三つの要素ですね。ただ悩ましいのが、その三つと、「手作り」「丁寧」などのキーワードだけでは、消費者を動かすことは難しい時代であるということ。それはずっと消費が落ち込む中、一般の企業であれ作家ものであれ、同じように努力をしているわけですから。それでいいと言っておきながらなんだ!って感じですが、基本は揃っている、あとは自分たちの魅力をどう表現するか、ですよね。そこが一番の悩みどころ。

 

まさに、今、アリヤ別冊はその課題に取り組んでいる最中です。

で、アリヤが見つけたものは奇をてらうことなく、するっと自分たちのままをやっていること、や、ものたちです。

おいおい制作が進む中で、またお知らせできればと思いますが・・・秘密にしておきたいかも(笑)。

 

写真は、施設同士でコラボした商品です。木工と、さをり織りをやっている施設でコラボしたと。

これは実は、とても珍しいケースなんですよね。

「施設は案外、横のつながりがなくて・・・」とその職員さんが言われていました。「施設同士、やれることで力を合わせていけば、もっと何かができるはずだ」とも。まさに! そう思います。「それに気づいて、自分から話を持って行きました」と、その若い職員さんが言われていました。なんとすばらしい行動力!

 

こういうことも含め、別冊では、多様性のあるさまざまな動きを追いたいと思います。

しばし、お待ちを!

(幸)

| - | 01:25 | - | - | pookmark |