<< 紙が好き | main |
春の便り

3月とはいえ、寒い寒いとコタツから抜け出せない軟弱な(幸)です。

春は寒くて、もーいけません。多くの人が春が来た〜〜と喜んでいる傍で憂うつな顔をしています。春はいちばん苦手な季節であります。別に花粉症持ちとかではないんですけどね、どーいうか子どものころから春は苦手なんです。友人たちは「心に病を抱えているんじゃないか」などと勝手なことを言いますが、そうかもしれないし違うかもしれない。理由は不明です(笑)。しかも世の中、不安と不信満載で、気分が上がらない最近。面倒な性格の上に猜疑心が上塗りされて、自分を持て余しています、このごろ。

 

そんな鬱々とした私の元へ、先日、嬉しい便りが届きました。

障害者施設の『well(ウェル)』さんから送ってもらったものがあるのですが、それが入っていた封筒がとても素敵だったのです。それがこちら。春の熊本城ですね。もうこれは「在りし日の」になってしまいましたが・・・(熊本のみなさん、その後はどうでしょうか、元気にされていますか〜)。

もうお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、これはwellさんのカレンダーをリサイクルしたものなんです。まだありますよ、こちらは福岡の山笠で有名な櫛田神社。

wellさんは毎年、九州各県の名所旧跡やお祭りを題材に、カレンダーを作っています。特筆すべきは、これが手刷りの版画であること。もちろん日付部分も全部。職員さんが版画を刷り、メンバーさんがステンシルで上から色付けしています。一枚一枚丁寧に。制作は1年がかりです。施設のみんなで出かけた場所などを参考にしているとのことで、それもいい発想ですよね〜。

すごいですねーって、お礼がてら電話をすると「これ藤野さんが言われていたことですよ」と施設長Nさん。「え?何ですか??」と私。「以前、取材に来られた時に言われたでしょ、使用済みカレンダーを捨てるのはもったいないから、封筒にすればいいって。だから作ってみたんです。アドバイスもらって嬉しかったです」と。あー、そういえばそんなことがあったなあと思い出しました。

 

その時、本当にそう思ったんですよね、別にアドバイスとか大層なもんじゃなく。だってだって、丹精込めて作られたものですから、捨てるなんてもったいなくて。それを憶えていてくださって、実行されたことがとても嬉しかったです。少しはお役に立てて本当によかった!

 

新しい商品として、みなさんに紹介できる機会をつくらねばですね。そう、別冊がありますから。

こんなふうに少しずつ情報を集めながら、別冊は形を整えつつあります。ぼちぼち取材も始まりますよ!

(幸)

 

| - | 15:35 | - | - | pookmark |