こころ、紡いで。

 
雨の土曜日です。
最近の私(幸)の朝食は、果物と豆乳の手作りジュース。今日は、リンゴ、バナナ、モモの3種類。がーっとミキサーにかけて、はい、オワリ。たまに野菜も入れます。夏が終わるまで、毎朝コレ。寒くなると飲めません(笑)。

仕事場の窓から降る雨を眺めながら、ぼんやりと、創刊当時のことを思い出していました。先日、ある人と会って創刊当時のことをお話したので、その余韻がどこかに残っていて。

アリヤのことを少し詳しく知った方からは、決まって同じ質問を受けます。「(自分たちの生活が)成り立たないものをどうして作るのですか?」と。理由はたぶん、たくさんある。でも、いつもうまく説明できません。今流行りの(?)社会貢献?困っている人を助けたい?いやいや・・・その言葉の前に、いつも立ちすくむ自分がいます。それも当然含まれるだろうけれど、そうじゃなくて、そんなことじゃなくて。

アリヤは創刊から6年が過ぎましたが、構想から入れると8年近く時が流れました。
この話をどこに持って行っても、誰からも相手にされなかった8年前。貯金は底をつき、明日をも知れない状況の中で、私と(神)は彷徨っていました。実際、(神)は家賃を滞納し追い出される寸前、食事は毎日小麦粉を茹でたものを食べていましたから。まあ、私も似たような状況ではありましたが。

と、当時のエピソードは1冊の小説にできるくらいありますが、新しい何かを始めるというのは、多少なりともみんなそんなものでしょう。苦労といえば苦労ですが、真っ只中にいる当人たちにとっては、そんな実感もないのです。槍や鉄砲玉が飛んでくるような戦時中に「苦労してるわ」なんて思うはずもなく。考えることはただ、「どうすれば今日を生きれるか」なのです。

紆余曲折の末、私たちが出した結論は、「自分たちでやる」「自分がやる」という、もっとも過酷な道を選びました。選んだ・・・というより、もはやそれしか方法がなかったのです。

そこから現在まで、どうやってその嵐の中をくぐりぬけてきたかは、もう思い出せません。いや、正確に言えば今もまだ嵐の中にいる。私と(神)の暮らしぶりが劇的に変わったわけではないからですね。ああ、もう小麦粉は茹でて食べてませんけど(笑)。せめて1杯のジュースを飲めるようにはなった。

それはとりもなおさず、アリヤと私たちを知って、陰ながら応援してくださる方々がいる。そっと、いろんな扉を開けてくださった方々がいる。私たちの歩くこの道の小石を、どけてくださった方がいる。それこそ、何も言わず誰にも知られず。けれど、私たちはそれをわかっているつもりです。でなければ、いま、アリヤは存在していないでしょう。当然、私も(神)も、もうここにはいないでしょう。

「どうしてそこまでしてやるのか」の問いの答えは、実はここにあるのです。

ほんとうに、みなさん、ありがとう。

アリヤ19号、無事に入稿しましたよ。


特集は「こころ、紡いで。」さをり織りの特集です。

このタイトルがすごく胸に迫る、きょう。
雨は相変わらず降り続いています。

(幸)



| - | 13:52 | - | - | pookmark |
生活感度は良好か。
 
慌ただしく過ごしているうちに、もう藤の花も満開で5月も中旬に入りました。毎度のことながらブログの更新が滞ってすみません、の(幸)です。
こういう仕事をしていながら、ITやらデジタルやらが超苦手のアリヤ二人組なもので、必要に迫られないとPCに向かおうとしない(笑)。人づきあいも悪くインドア派の引きこもり。まったくこういう仕事に向いていませんよね(笑)。

こちらは先日、福祉作業所オットーさんから送られてきた読者プレゼントのアクリルたわし。
年間購読の方全員に、19号に同封してお送りしますよ。
その肝心の19号は、まだ制作中でして・・・はい、予定よりかなり遅れていまして(これも毎度のことながら。汗)。
みんな他の仕事の合間に、許す限りの時間を使ってやっています。待っててください。お願いします。と、これも毎回言い続けて6年が過ぎました。

こんなふうに「時間がないのだ」を連発しながらも、企画は山のように考えていて、次々とやりたいことが目の前に現れるのですね。施設との商品づくりもあれこれ考えてはいるのですが、これも時間が・・・ない(笑)。まあ、ゆっくりとではありますが、ひとつずつ実行に移そうと思っています。それで「アリヤプロダクト」なるものを立ち上げようかなと。だからって特に何も変わらないんですけどね、単にそういう名称をつけるだけの話で(ははは)。

こちらは「気ままにキッチン」のフード・スタイリストYさん宅にあった、クッキーの缶。かわいい〜。こういうもの、大好きですよねー女子は(あ、私も一応、女子です。←似合わないけど。)

商品作りも時代の変化とともに、動きが少し変わってきたと思うんですね。やっぱりこのご時世ですから、リアルなというか実生活に結びついたものが支持されると思うのです。ただの「オシャレ」とか「カワイイ」とか「トレンド」とか、そういうことだけでは動かないんです。口では言うんですよ、カワイイ〜、オッシャレ〜、とね。でも、財布の紐は緩まない。

ちょっと前まではこのシャレ感みたいな、特別な感覚がもてはやされていたと思うんです。でもね、今は少し違う。オシャレやトレンドの感度よりも“生活感度”が優先するんですよ。昔に比べ、みんな生活に敏感に反応するのもまた今の時代かなと。

どんな人も生活はしているわけです。老いも若きも、億万長者も貧困層も、家族持ちも独身組も。モノはさまざまな生活のシーンで使うものだから(食品もですね)、特別の日であれ普通の日であれ、それは生活の一部です。モノづくりは、生活づくりでもある。だから、必ず使う側のことを考えないといけませんね。売れるものには理由があるけど、売れないものにもやっぱり理由があります。

なんて、偉そうに言いながら、実は「売れるかどうか」というより、自分が欲しいものを作ろうと思っているんですねー。だって、欲しいと思える「大人もの」がないのです。あってもめちゃくちゃ高いんですもの。なぜ、大人ものは高級とか、上質とか、そればっかりなんだろうって思いますよ。「適度」「丁度いい」が、ない。年を取ったら余裕がある、なんてのは幻想です(言い切った。笑)。

それでも多くの人が「楽しく素敵に暮らしたい」と思っていますよね。まあ、お金だけの問題じゃないですが、人間は死ぬまで消費し続けますからねぇ。

というようなことも考えながら「アリヤプロダクト」始めようと思っています。が・・・
さて、いつから動き出すのだろうか。うーむ・・・

※写真は、アリヤ19号「気ままにキッチン」から。

(幸)
| - | 08:50 | - | - | pookmark |
ご無沙汰しました。


大変長らくご無沙汰をしてしまいました(幸)です。たびたびこのブログに来ていただいているみなさまには、本当に申し訳なく思っています。いっちょまえにFB(フェイスブック)なんぞを始めたので、そちらで更新をしていてなかなかブログまで行きつかなくて(すみません・・・)。でも、ブログをやめる気はないんですよ。やっぱり少し考えたいときはブログがいいんです。FBはどんどん流れていくので、なんだか落ち着かない(笑)。

現在、19号の編集真っ只中です。今回の特集は織物です。すごーく手の込んだ素敵なものがたくさん登場しますので、楽しみに待っててくださいね〜。えーっと、発行は5月・・・になります(汗)。


FBでもお知らせしましたが、この4月からジュンク堂書店福岡店にアリヤを置いていただけることになりました。4月末まで1Fのフェアコーナーに置かれています。これは素直に嬉しかったですねー。(ジュンク堂様、お声をかけていただいて、ありがとうございます〜)


創刊当時、私たちは書店売りはまったく考えていませんでした。というのも、営業をする人もいないし、まず営業なるものをする気もありませんでした。これは今でもそうです。なぜかって?答えは簡単! 私も(神)も営業が苦手だからです。はは・・・

苦手なものはどうやったって苦手です。アリヤは自分たちが作りたいから作っているだけです。楽しみたいから作っているのです。だからこそ、広告もとらずやっているわけで。はい、貧乏になろうとどうしようといいやと。なので、他でやる仕事と違って、苦手なことはやる気がありません。中身も自分たちが嫌だと思うものは掲載しませんねぇ。

当然、本づくりは“客観的であろう”としますが、それもすべて“主観”あっての客観ですから“公”も“私”が影響すると思っています。だから、生き方を問われるわけでしょう。と、ろくでもない生き方しかしていないので、やぶ蛇になる前にこの話はここで終了にします(ヒキョ―者!笑)。

創刊当初、だったらどうやって売るんだ?とよく言われました。既成概念を外せば、いくらでも方法はあります。あー、多分に常識外れと言われますが。
基本は1冊ずつ手売りの行商(と、私たちは呼んでいる)をします。以前のブログを読むと、この行商に行った話がよく出てきます。もちろん、今でもお声がかかれば出かけて行きますよ。このアリヤキットに詰めて。

これは通称“どこでも本屋”。ドラえもんよろしく(笑)。箱の蓋を開ければ、そこは即、小さな本屋さんになるんです。八百屋さんでも魚屋さんでも飲み屋さんでも、あるいは原っぱでも普通の家の軒先でも、どこでもいいんです。私たちを大きく支えてくださっているのは、年間購読の方々と、自ら申し出てくださった、この設置協力店の方々なんです。(ありがとうございます〜。)

もうひとつ、営業をしない理由があります。実はこちらが本題。
アリヤはただ売れればいいと思っているわけではないのです。単に部数という数字のマジックのようなものを、そんなに信用しているわけじゃないんですよね。問題は、どれほどの人が深く心が動いたか、共振したか、なんです。なので、広く浅くやることには興味がありません。目下の目標は、小さくてもいい、狭い範囲でもいい、深く根を下ろすことです。



そんなこんなで、弱小アリヤは、今日も小さく狭い範囲を生きています。ただし、はまると抜けられないくらいの、ずいぶん深ーい穴を掘っていますからねー落ちても知りませんよ(こわっ!笑)。

(幸)

| - | 05:19 | - | - | pookmark |
アリヤ18号入稿


アリヤ18号、無事入稿いたしました。
大変お待たせしていますが、納品までもうしばらくお待ちくださいね〜。

先週、福岡三越で開催された「ナイスハートバザール」に行ってきました。これは福岡を主体として、全国の障がい者施設商品を集めた販売会です。東北の被災地からも障がい者施設商品が出品されていました。こちらでは見かけないものも多数あり、とっても興味深い販売会でした。

そんな中から購入したものを少しだけご紹介。
Fbでは『らそら』の天然酵母パンの紹介をしましたので、その他のものを。
こちらは久留米の施設『ポレポレ』さんの『そら豆もなか』。
久留米の安武町に施設とそら豆畑があります。畑の名前は『ポレポレ農園』。
この地域は昔からそら豆の産地で、別名“やすたけ豆”と呼ばれるくらい有名なんだそうです。

その畑で採れたそら豆を餡にして、もなかを作ったとのこと。そら豆の形がかわいいですねー。和菓子屋さんの協力でできたそうです。
(1箱10個入1500円)
中の緑色の餡はそら豆の風味豊かで、小豆や枝豆とも違って初めての味わいでした。


でー、もうひとつ購入したのがこちら。
『青じそ酢みそ』こちらは田川郡川崎町の『秀峰園』さん。このほかにもいろいろな酢みそや味噌、こんにゃくなどが並んでいました。こちらは青じその香りがプンとして、食欲をそそります。お値段は・・・えーっと・・・忘れました(笑)。

こんな調味料関係がたくさん出てくれると嬉しいなあ。そういえば、おいしそうなドレッシングなどもありましたねー。

唐突ですが、トマトをいっぱい植えてトマトピューレとかケチャップとか、できませんかねぇ。トマトって実は強い植物でどこでもできるっていうでしょ。形なんか不揃いでいいわけですからねぇ。って、簡単に言ってますが(笑)。調味料関係はとっても需要があると思うんですけどねー。消耗品だしですねー。

そうそう、思い出したことがあります。(これも唐突ですが)全国にファンがいる、北海道のある老舗お菓子屋さんのこと。そこは東京の百貨店とか引く手あまたらしいですけど、出店はしないそうなんですよね。いちばんの理由は手が回らないから。品質が落ちるから。気持ち、よくわかります。この地に来てこそ買えるものって、地域おこしのひとつでもありますしね。

そこの話で私がいちばん唸ったのは、あくまでも地域の人たちの「おやつ」として作るという立場を守っていること。だからそのお菓子の値段は高くない。お菓子の作りも飾りっ気なし。一朝一夕になったものではないでしょうが、ブレないしっかりとしたスタンスがあってこそという感じがしますね。とても良質な人の心が見えるようなお菓子だと思います。企業理念がそのお菓子ひとつに表れている。(ちなみにこちらは辞める従業員もほとんどいないそうです。)

いや、なんだかですね、私が思う障がい者施設のモノづくりの基本(手本)のひとつがここにあるような気がして。(急に思い出しました。笑)



フェイスブックを始めて3カ月が経とうとしています。気がつけば「いいね!」が107人になっていました。これを多いと見るか少ないと見るかは・・・全然わかりません(笑)。でも、こんな小さな、ある種マニアックな本に興味を持っていただけるというのが、嬉しいような不思議なような・・・

アリヤは、一般の雑誌のようなバランス感覚もなく、非常に個人的なものです。発行時期は遅れるわ、でご心配ばかりおかけしています。それでもなお、応援してくださる方がいるというのは・・・なんかすごいことだと思うのです。

そう、「アリヤの読者はすごいよねぇ」と、私(幸)と(神)は発送のたびに話しているんですよ。みんなどんだけ優しいんだろうと。まだこの国も捨てたもんじゃない気がしますよ。いやいや、冗談じゃなくほんとに。

私たちが甘え過ぎだろうっていうツッコミは、今日はナシで。
読者自慢できれいに終わらせてくださいね〜(笑)。

(幸)

| - | 07:35 | - | - | pookmark |
深く根を下ろす。
1月も後半に入りました。
みなさんご心配のアリヤ18号は、もう少しで入稿できそうです。いま、最後のチェックに入っています。連日、校正に次ぐ校正でPCにへばりついている(幸)です。今回も大変お待たせして、ほんとうに申し訳ありません・・・。 このペースで行くと、みなさまのお手元にお届けできるのは2月の上旬になりそうです。でも、絶対お届けしますので、いましばらく待っててください。お願いします(汗)。

こちらは昨年末、スウェーデンから送られてきた
ポストカードです。いちばん遠くの読者の方です。18号が間に合わず、正月休みもないだろうという修羅場に突入していたころ、届きました。

毎号、ギチギチのスケジュールの前でどうなるんだろうと、気持ちが萎えそうになることもあります。そんなときにタイミングよくお便りやメールをいただき、どんなに励まされるかわかりません。待っていただいたうえに、とても気にかけていただいて、ほんとうにありがとうございます。



私たちはアリヤをつくるようになって、少しだけ福祉の世界がわかるようになりました。
今まで、学校の勉強とか本とか社会に起こるさまざまな出来事の中で、多少なりとも学んではきました。けれど、それとは少し感覚が違う。いろいろなことを“実感”として受け止めることが多くなってきたんですね。
“社会のために”は、傍観者を当事者に変えることでもあります。



最近は障がい者施設商品もいろんなところで見かけるようになったし、イベントもあちこちで開催されるようになりました。中間支援組織も続々と増えているように思えます。組織力も資金力もあるところは、ぜひ、次に向かって大きく羽ばたいてほしいですね。いま、千載一遇のタイミングが来ていますから。

アリヤは弱小でも、それでもできることをやっていこうと。考えていることはたぶん、今の流れとは違う方向でしょうけれどねー。

より小さく深く濃く。これがアリヤのスタンスです。命令を下すなら「深く静かに侵攻せよ」これが作戦1です(笑)。地中深く根を下ろすこと。そうしていっときの風にもさらわれないようになること。日の目を見るのはまだまだ先でも、いったんそうなればずっと続けていけること。これが私の考える障がい者施設の生産現場であり、商品のイメージなんですね。

単に流行りモノというよりはスタンダードになっていくもの、日々の暮らしの中で必要な良品をいかに作るか。ここが押さえどころです。

障がい者施設でのモノ作りが本格的に始まったのは、つい最近のことです。普通の企業でも、商品は何年もかかって世に出るものです。それからすると驚くべき速さで、いろいろなモノが出始めています。

私たちは少し時間をかけて、障がい者施設の生産現場も守りながら、大切に育てていきたいと思っています。焦らず気長にやること、そして何より現場の方々が楽しんでやれること。それがいちばんかなと思っていますね。

(幸)
| - | 08:36 | - | - | pookmark |
<< | 3/58PAGES | >>